« 食農3級合格 | トップページ | 祝・甲子園出場 »

2007年7月29日 (日)

参議院議員選挙

昨日は労働組合の定期大会があり、分会の代議員として出席してきました。
この定期大会をもって、新たな期への切り替わりとなりますので、昨日より常任執行委員・書記次長に就任したことになります。定期大会終了後、常任執行委員としての初仕事になる全国執行委員会があり、そのあと新任者向けのガイダンスなどを受けました。「常執として得た守秘情報は嫁さんにも漏らしてはならない」とのことでしたので、今後は我が家にも秘め事が発生することになるかもしれません^^。すぐ顔に出るタイプなので何かあった場合にはすぐバレそうな気もしますが・・・、できるだけ労組のことを家に持ち帰らないよう気を付けたいところです。

さて、今日は参議院議員選挙です。参議院でのストッパー機能が働かず、衆議院を通れば次々と法案が通っているような状況なので、個人的には参議院の必要性に疑問を感じています。そもそも参議院で否決されても衆議院で2/3以上の賛成を得られれば法案が通るというルールがあるわけですから、衆議院で与党の議席数が2/3以上である現在、参議院議員の存在意義はほとんど無いように思えます。ということで、個人的には今回の選挙に対するモチベーションが沸かず、現時点でも誰・何処に投票するか決めかねています。ただ、安倍政権への国民の審判という意味合いがある選挙だと思いますので、結果がどうなるかは大変興味深いところです。

【選挙結果】
午後2時くらいからものすごい雷雨になりました。選挙の激震を予想させる嵐でしたが、選挙結果もまさしく嵐。自民党の歴史的大敗だと思います。岡山選挙区の片山さんが負けるとは予想外でした。
安倍首相は辞任しない意向を示しましたが、これだけの大敗ですので、まずは総裁としての責任をとり、支持率の低下した執行部を完全にリセットすべきと思います。「責任は自分にある」とか言っている割には行動が伴わない姿勢にがっかり。「改革を進めたい」という理由で残るみたいですが、「国民が安倍政権での改革を望んでいない」という今回の審判を真摯に受け止めるべきと考えます。

« 食農3級合格 | トップページ | 祝・甲子園出場 »


-天気予報コム-