« 特訓 | トップページ | 保育士体験 »

2010年6月 2日 (水)

突然の辞意

今日はたまたま仕事がお休みで、朝からテレビを観ていました。非常に興味深い鳩山さんの辞意表明演説を全て観れてラッキーでした。個人的に、幹事長や小林議員に対しては不必要なまでの低姿勢での発言だったのに対して、「国民が聞く耳を持たなくなった」など不適切と思われる言葉遣いに違和感を感じましたが、まー辞める人間の発言ということでマスコミも特段気に留めていないようです。

衆院の任期後は政治からも脚を洗うということですから、さすが大金持ち!賭した職の価値がそんなものな訳ですから、本当に羨ましい限りです。是非、次の総理には浮世離れした金銭感覚じゃない人がいいと思います。

ちなみに、何故今日の様な説明の場を辞任の時ではなく、もっと頻繁に設けないのかが不思議でなりません。一国のトップとしては、それが仕事なんじゃないのかな~?以前も、普天間基地移設の問題で、「自分の勉強不足でした。」うんぬんかんぬん発言してごまかしていましたが、『何がどう勉強不足で、それを勉強した結果としてこうこうこういう理由で辺野古に移すしかないという結論に達した』ということを、もっと頻繁に国民に訴えかけることが必要だったと思います。辞める時に辺野古の問題について発言しても、全く建設的ではない愚痴にしか聞こえません。

重要案件を進める際には、国民のコンセンサスをとるために、総理大臣としての所信表明の場をもっと積極的に採るべきだと思います。「こう決まりましたから。よろしく。」では、当事者はもちろん、関係のない人も「そんな大切なこと俺たちは蚊帳の外かよ~」と反発が生じます。重要であればある程、ウザいくらい頻繁に「これはこう言うことなんで、このように進めるんですよ」ということを積極的に露出することが大切だと思います。NHKで『総理の学べるニュース』という感じの『池上彰の学べるニュース』をパクッたテレビ放送をすれば結構数字も獲れそうです。

« 特訓 | トップページ | 保育士体験 »


-天気予報コム-