« 臨月 | トップページ | 新規出資馬 »

2011年10月 1日 (土)

運動会

Img_0678  今日は朝から運動会でした。週半ばの天気予報では雨予想でしたが、雲はあるものの基本的に快晴の中で行われました。息子は運動会が3回目になりますが、引き続き『要注意幼児』として先生にマークされながらの参加^^;。ところどころで先生に甘えたりして迷惑を掛けていました(どちらかというと観客が多くて恥ずかしいとかではなく、立っているのが面倒くさい感じで、「抱っこしてくれ~」と甘えている感じ)。

Img_0691Img_0735  さて、要注意幼児であるものの、今年の息子くんは一味違い、今までは頑なに微動だにしていなかった体操やダンスなどで音楽に合わせて踊ろうとする場面がチラホラありました。ぱわわぷ体操とマルモリダンスを踊っていましたが、見よう見まねで20%くらいは踊っている感じで、今までとは格段に成長した姿を見せてくれました。

Img_0736 次に玉入れ。これは幼児組み(3歳、4歳、5歳合同:息子は3歳クラス)で参加だったので、ある種おにいさんやおねえさんの邪魔になっている感じしかありませんでしたが、何とか頑張って玉を投げていました。でも、上じゃなく真横に投げてる感じでお友達に当たっている感じ^^;。

Img_0750Img_0753Img_0759   その次に本日のメインイベントのリレーがありました。息子はなんと第一走者を任されるという大役を命ぜられたものの・・・、リレーのバトンとなるリングを途中のコーンにはめて遊ぶという芸当を演じて先生をあたふたさせていました。その後も、先生に手を引かれて走るものの、走っている途中でバトンを落とすという失態により大ブレーキ。4分の3周くらいの差をいきなりつけてしまい、なんとか後の走者が頑張るものの4分の1周くらいの差で敗北となりました。リレーで何が面白いって、抜きつ抜かれつですが、うちの子の影響でそれが全くないリレーとなりましたので、大変面目なく、しばらくは両親二人揃って沈黙してしまいました^^;。

でも、リレーの第一走者が演じた、コーンにバトン代りとなるリングをはめて遊ぶという芸当を見ていた近くの方々は大爆笑、それを見てにんまりして走る息子の姿に、ある種の才能を持っているのかな~なんて変なポジティブ思考に入ってしまいました。

その後は親子競技(今年はパパが担当)。今年は三輪車こいで、跳び箱を乗り越えて、トンネルを通った後に親と合流し、二人ではしごの橋を渡って、二人でカブトムシの模型(50cmくらい)を網で取って、「獲ったどー」と言って、カブトムシをネコ車にのせてゴールするというコース。大変な道のりでしたが、思いのほか息子はすたすたクリアしてくれました。

Img_0817 いろいろありましたが、去年よりは比べものにならないくらい成長したなと感じました。ただ、来年からは4歳と5歳の合同でリレーになるので、粗相のないよう、これから1年間特訓が必要そうです。また、鉄棒や縄跳び、でんぐり返りなどもできるようになっておかないと恥ずかしそうなので、そのあたりも鍛えたいところ。最近はパソコンにのっぺりハマって電脳幼児となっていましたが、昔ながらの外での遊びをこれから教えようと思います。

« 臨月 | トップページ | 新規出資馬 »


-天気予報コム-