« 2着2着 | トップページ | つかまり立ち »

2012年6月26日 (火)

政治

消費税の増税ありきで話が進んでいてとても気持ち悪い。

そもそもの話、消費税の増税なんて目先の問題であって、単なる小手先の技でしかないと思う。そんなものに政治生命をかける総理なら正直いないほうが良い。この国をどうしたいかが大事で、それをまずは主張して欲しい。順番が違うからおかしな話になる。

最近では欲しいものはすぐに手に入る世の中で、とても恵まれた世の中。海外への融資にじゃんじゃん金をばらまき、一方で国内の借金は日に日に膨らむおかしい状態。消費税を増税して、今の日本をどうしたいのかが全く見えない。

問題なのは格差があることと、本来報われるべき人が報われていない。額に汗して大変な想いをする人が報われる世の中にしてもらいたいとは思いますが、そういう点は依然として見て見ぬふりをされている状態。

衆議院議員480名は明らかに多すぎる訳で、国家公務員も多すぎ。両方半分くらいにして、不足する分は、地方への裁量移譲や非正規を雇って仕事を分けるくらいの感覚で良いと思います。まずはそういう精査を優先すべきと思います。

それと、民主党への政権交代の時に、その代表が消費税は上げないと明確に訴えたわけなので、『現民主党の執行部のほうが国民との約束を造反している』と考えるべき。

消費税の増税には反対という訳ではないのですが、おかしなことだらけなので、気持ち悪くてしかたがない。

« 2着2着 | トップページ | つかまり立ち »


-天気予報コム-