食の安全

2008年10月24日 (金)

岩国レンコン

大手食品メーカー日清食品での防虫剤騒ぎなど、どうしてこれだけ起こるのか不思議なくらい、食の安全を揺るがす事件が多発しています。

そして悲しいことに、郷土岩国が誇るレンコンでも偽装があったらしく、青果場の一部で中国産のレンコンを岩国産と偽って販売していたようです。岩国レンコンといえば、粘りが強くて噛み応えがあり、一定のブランド品として認知されています。9つに開いた穴が江戸時代の藩主だった吉川家の家紋に似ていることから重宝され、岩国寿司や大平といった郷土料理には欠かせない食材となっています。現在でも岩国市のレンコン生産量は、全国屈指を誇っていて、市内の一部区域には広大な蓮田が広がっています。

今回のような偽装があると、残念ながらこれまでに積み上げた「岩国レンコン」の実績も虚しいものに感じさせられてしまいます。偽装をした背景にはいろいろあるのかもしれませんが、一部の不正が全体のブランドイメージを失墜させたことは、間違いありません。

081023_20520001

悔しいです!

2007年8月29日 (水)

横浜検疫所

縁あって見学をすることができました。横浜検疫所は日本でも屈指の食品検査センターを有しており、一度見学してみたいなーと考えていたのですが、今回めでたく実現することに^^。

基本的に、現在はポジティブリスト対応のため、動物薬剤と残留農薬の検査に重点を置いているようでした。人員は予想していたより少なく、検査担当者が約20名、検査サポートのパートさんが10名程度でした。分析機器が極めて充実しており、GCMSMSが4台、GCMSが10台程度、LCMSMSが10台以上は配置されていました^^;。毎日100検体程度を検査しているとのことで、一年間で取り扱える検体が凡そ3万検体。ただ、基本的にはスクリーニング検査が主流で、検査が困難なものについては省いているとのこと。また、神戸検疫所と作業分担して、なんとか怒涛のようにやってくる検体をこなしていると言う事でした。

検疫所の検査センターは、5年前くらいまで民間に売り渡されるというプランも立っていたらしいのことですが、昨今の「食の安全」への国民の関心の高まりを受けて、現在でも国の機関として残されているとのことでした。検疫所は厚生労働省の管轄になります。個人的な印象としては、今後も国でしっかりと検査業務を進めてもらいたいと思っています。日本の食の安全を守るための機関として、今後の更なる活躍を期待します。

2007年8月21日 (火)

マラカイトグリーン

マラカイトグリーンとは水槽内に入れて観賞魚など病気を治したり、病気の広がりを抑えるために一般的に使われる緑色の合成抗菌剤。発ガンへの影響が疑われることから、日本では2005年8月より食用養殖魚に対しての使用が禁じられており、含有が確認された場合にはいかなる食品も流通させることが出来ない。通常は代謝物のロイコマラカイトグリーンとして存在していることから、検査においてはマラカイトグリーンとロイコマラカイトグリーンの両方が対象となる。

続きを読む "マラカイトグリーン" »

2007年6月23日 (土)

ライアーゲーム

ライアーゲームの終わりは、個人的には意外でした。なんとも爽やか過ぎて気持ちが悪い気が・・・。いろいろとストーリーに無理があるところがあり、突っ込み所満載なドラマでしたが、なかなか楽しませてもらいました。

さて、本当のライアーゲームをしていたミートホープですが、どんどん偽装の経歴が暴かれてきています。なんだか、まだまだ膨らみそうですね。誤ったなどではなく、故意に偽装を行っていたわけですから、救いようがありません。こんな業者が実在するようでは、食の安全は土台から崩れます。自分達だけ儲かればいいという考え方をしている業者は、「食」の世界からは淘汰されるべきだと思います。

【北海道への道】
本日の走行距離52.0km、合計464km(82.9%)

2007年4月11日 (水)

合成着色料(その2)

『所さんの笑ってこらえて』でコチニールを紹介していました。コチニ-ルとはサボテンに着くカイガラムシ(エンジムシ)を乾燥させて磨り潰したもので、日本でも広く使われる赤色系の天然着色料です。水にもエタノールにも溶けやすいことから加工性に優れ、また安定性が高いことから多くの食品群に使われています。安全性については問題無いとされていますが、安全とされた評価された理由が「食経験がある天然着色料」であるためのもので、安全性を謳うデータが揃っているかは疑問です。どうも「虫を磨り潰したもの」と「食経験がある」という言葉がいまいち合致しませんが・・・、確かにイナゴなどを食べる地域もありますし、問題はないのでしょう。着色料として使用されている量を摂取している分には、人体には全く害はないと思います。

さて続きには、先日途中になっていた合成着色料の続きを書こうと思います。

続きを読む "合成着色料(その2)" »

2007年4月 5日 (木)

ニトロフラン類(その3)

ニトロフラン類(ニトロフラゾン、ニトロフラントイン、フラゾリドン及びフラルタドンをいう)に係る食品健康影響評価に関する審議結果(案)に対して、日本生活協同組合連合会よりコメントが提出されました。

2007年4月 4日 (水)

合成着色料

今日も「食の安全」に関する内容です。個人的な考えを適当にまとめただけですので、あまり真剣には捉えないでください。また、いつものように無駄に長い文章になってしまいましたので、お疲れの方はご遠慮ください^^。

続きを読む "合成着色料" »

2007年3月30日 (金)

ニトロフラン類(その2)

昨日紹介したニトロフラン類についての追加情報です。今日ももしかすると間違った内容が含まれている可能性がありますが、ご了承ください。

続きを読む "ニトロフラン類(その2)" »

2007年3月29日 (木)

ニトロフラン類

今日はちょっとお仕事に関する話。あくまで、自分の勉強のためにまとめたものですので、間違った内容が含まれている可能性がありますが、ご了承ください。また、無駄に長く難しい内容になっておりますので、お疲れの方はご遠慮ください^^。

続きを読む "ニトロフラン類" »

2007年3月19日 (月)

食品照射技術

今日は考えのまとまっていない、取り留めの無いことを書きます。お疲れの方は読まないでください。とにかく無駄に長いです。

続きを読む "食品照射技術" »

より以前の記事一覧


-天気予報コム-